東日本大震災から4年

4年前の3.11、

まだ4年と、もう4年という思いが交錯します。

その日の深夜遅く、中原街道を徒歩で神奈川方面に向かう沢山の人々を目の当たりにしました。

都内でも余震が続く中、電車や公共機関が止まり、それは誰もが不安な夜を過ごしたことと思います。

しかし、昨日の東京大学・加藤氏のお話の中で、「帰宅困難者現象は、そもそもそんなに問題だったのか?」という問題提起がありました。

ニュースなどでも大々的に何度も伝えられていたことが、問題ないということはどういうことなのでしょう。

状況によっては、無理に自宅に帰るよりも、業務地区にいた方が安全に過ごせる場合もあり、

また、このことで生命を失うことはなく、地震に伴う現象として冷静に捉えることが必要とのこと。

多く報道される事柄だけにとらわれず、冷静に対処できるよう、4年前の体験を忘れないことも大切かもしれません。

検索をかけたら、こんな記事がでてきました。一読の価値ありだと思います。

コラム「業務地区の災害への備えとして大切なこと」

 

震災・災害に対してすべきことは沢山ありますが、先ずは、ご自身が住んでいる場所、

働いている場所、良く行く場所などの、避難場所を確認してみましょう。

This entry was posted in 全ての記事, 記憶・想い. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA