千葉県市川市*法華経寺祖師堂

法華経寺祖師堂 (国指定重要文化財) ほけきょうじ そしどう 千葉県市川市中山2-10-1 (GoogleMap) 法華経寺祖師堂

以前一度だけ夕暮れ時に、原付を走らせて訪れたことがあるのですが、 近くに行く機会があったので、久しぶりに拝観してまいりました。 比翼入母屋造りは全国でも珍しく、こちらの他には、 岡山県にある国宝の吉備津神社が有名です。 桜が見頃の季節とあって、平日でありながら多くの人で賑わっていました。 特に、絵を描かれている方が多いのが印象的。 以前訪れたときは、比翼入母屋造り見たさに伺ったので、 他には目が行っていなかったようです。 この他にも五重塔や四足門など数々の見所が。 長居をするつもりはなかったのですが、ついつい居座ってしまいました。 桜と比翼入母屋造り 桜と五重塔 聖教殿 四足門 法華堂DSC_1247

写真は左上より、(※は、国指定重要文化財、リンクは市川市のHP) ソシドウ 祖師堂 ※  解体大改修は、松浦昭次 棟梁 だったかと記憶しています。。。 五重塔 ※  初層から四層まで軒二重繁垂木で最上階のみ扇垂木とし、江戸時代初期の様式とどめています。 ショウギョウデン 聖教殿  伊藤忠太 氏による設計。国宝などが納められています。 シソクモン 四足門 ※  本柱を支える四本の控柱は、海老虹梁でつなげられており、その控柱は楕円形になっております。 ホッケドウ 法華堂 ※  日蓮宗本堂として建立された中では最古に属するものだそうです。 山門

This entry was posted in 全ての記事, 建物探訪. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA