長期優良住宅化リフォーム推進事業

さて、先日に引き続き、家づくり(リフォーム・リノベーション)に関わる、助成金のお話です。

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、インスペクション・性能向上のためのリフォーム及び適切なメンテナンスによる住宅ストックの長寿命化を図る優良な取り組みに対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、既存住宅ストックの質の向上及び流通促進に向けた市場環境の醸成を図るものです。

事業概要
1.主な事業要件
以下の要件を満たす住宅のリフォーム工事事業
①リフォーム工事前にインスペクションを行い、工事後に維持保全計画を作成すること。
②住宅の性能向上のためのリフォーム工事を行うこと。
③リフォーム工事後に少なくとも劣化対策と耐震性について一定の基準を満たすこと。

2.補助対象費用
下記に示す長期優良住宅化リフォーム推進事業に要する費用とする
①耐震性、劣化対策、省エネ性等の住宅性能向上のための工事。
②①以外の住宅性能の向上に資する工事。
③インスペクションの実施、維持保全計画の作成等に要する費用。

3.補助率・上限
・補助率:1/3(上記のリフォーム工事を行う建築主等に対して、国が費用の1/3を支援)
・上限:100万円/戸(一部200万円)

4.応募期間
平成27年2月6日(金)~平成27年3月2日(月) ※18時必着

躯体をあらわしにする、スケルトンリフォームなど、大規模な工事で活用できる補助事業です。

This entry was posted in 全ての記事, 家づくり. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA